茨城で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2020.06.30

家事室というユーティリティースペースは動線をラクにしてくれるのか?

家事に追われる
インターネット環境インテリア・家具リビング・収納・アイデア家づくりの豆知識家の構造について楽しい暮らし育児・子育て間取り

ー素敵な工務店で理想のマイホーム生活を過ごすためにも、「間取り」を真剣に考えるー。
家事動線を考えた暮らし。生活がしやすい暮らし。どちらもある程度のクオリティーを求めたいですよね。
今回は家事動線・生活動線において、ママの欲しがる「家事室」についてです。このユーティリティースペースが働きながら家事をこなすママを救ってくれるのか。生活をラクにしてくれるのか。まとめていきたいと思います。

家事室?ユーティリティースペース?

家事室とは・・・

家事室とは、「アイロンがけ」「室内干し」「洗濯物をたたむ」「裁縫」「内職」「その他雑務」などの家事の作業を効率よくこなせるよう設けられたスペースです。家事だけでなく、プライベートスペースとして活用することもあり、用途はさまざま。パパが「書斎」を欲しがるのなら、ママは「家事室」が欲しい。そんなスペースですね。家事室は住宅業界では「ユーティリティースペース」とも呼ばれ、多様性、実用性、役に立つお部屋、などの意味が込められています。

家事室のメリット

メリット1:家事効率のアップと家事動線の効率化

何をラクにしたいのか、家事に特化した部屋に

イメージ

.
.
左の画像のような配置は室内干しスペースを設けて洗濯動線を意識しています。隣接する洗面台には作業スペースもありますので、「洗ってからたたむ」までをこのスペースで完結することも可能です。

バスルーム洗面

.
.
右の画像ではランドリースペース、バスルーム、
洗面、作業台が一体となる空間です。室内干しが
メインの家庭ならば、ランドリースペースと家事室
がつながっている配置も便利です。

メリット2:作業スペースとして活用

家事室
家事室

収納棚を設けて、リビングダイニングをすっきりさせる。

「家事」は台所での作業や洗濯作業だけではないですよね。パソコン作業や裁縫も、労力を伴う家事のひとつです。そんなとき、専用の作業スペースがあれば作業の準備もスムーズにはかどりますよね。何となく自分の部屋な気がして気持ちも前向きに!なんてこともあるかもしれません。また、家計簿をつけたり、ネットショッピングをしたり、パソコンで行う家事は意外と多いです。家事室に机とパソコン、書類や作業に必要なものを整理する棚やファイルボックスがあれば、書斎のような便利さ間違いなしです。

メリット3:趣味スペースとして活用

卓上飾り

ちょっと調べ物をしたり、趣味を楽しんだり、資格の勉強をしたり・・・

キッチンやリビングの一角に家事室があると何かと便利です。

「自分だけの小さなスペース」

ちょっとのスペースですが、生活の中に楽しさとゆとりが生まれます。子供時代、自分仕様に部屋を作った頃を思い出すように、自分好みの雑貨や家具でコーディネートしてお気に入りの場所にするのもいいですよね。

一方、メリットもあればデメリットになりかねない場合もありますので少し触れておきます。

家事室のデメリット

デメリット1:配置によっては利用しにくい場合も

ユーティリティースペースゆえに「利便性」を求めて設計間取りをあまり考えないで作ってしまうと、かえって家事動線が悪くなってしまうのが家事室です。先のメリット部分でお伝えしました通り、「家事効率」を求めるのであれば、キッチンや洗面室に隣接する間取りで家事室を設計すると効率アップが図れるのではないでしょうか。”家事室で家事をする”という固定概念はなくし、どんな家事をラクにするための場所にしたいのか、子供から目を離さないでも雑務をこなせる位置にレイアウトするのか、時間を有効活用できるレイアウトを考えたいですね。

デメリット2:建築面積や費用の増加

費用

.
.
当たり前のことですが、建築面積や費用は増加します。
コストを抑えるのであれば、家事室の面積分リビング等ほかの部屋の面積は狭くなります。

まとめ

自分達にぴったりの家事室を作る為には、作りたい思いと自分自身の家事動線を振り返ってみるとイメージ
しやすいかもしれません。また、自分一人だけでなく、家族の生活動線も併せて観察することがキーポイン
トですね。家事動線と生活動線、それぞれのバランスの良い共存ができると家事室も素敵なスペースになる
と思います。家事室やスペースを設けて、毎日の家事を少しでもラクにしたいですね。楽しく生活すること
が大事だと思います。

 . $thumbnail_alt1 .

家事動線は「いい間取り」から。家事ラクポイント解説!

家づくりにおいて多くの方がこだわるのが「間取り」ですよね。私自身、住宅について調べていくうちに「住宅の間取り」の大切さをひしひしと感じています。そんな今回は間取りといえばついて回るかのようによく聞くと…

いえすたいる編集部

KAKUTO

サッカー大好きマンです!27歳です! これから家を建てる皆様へ、少しでもお役に立てる情報発信を 私自身も日々勉強しながら頑張って更新していきます!

関連の家づくり・暮らしコラム

茨城県で注文住宅を建てたい方へ