茨城で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2020.10.30

廊下はあり?なし? 廊下のない間取りとは

廊下のない間取り
おしゃれな家かっこいい家リビング・収納・アイデア家づくりの豆知識家の構造について平屋の家楽しい暮らし育児・子育て間取り高気密・高断熱

最近は部屋を広くしたい、生活動線を短くしたいという理由から、廊下のない間取りが流行っているようです。
廊下の役割は部屋と部屋をつなぐだけ=無駄なスペースだからいらない、と考える方もいるようですが、はたして本当に廊下は必要ないのでしょうか。
今回は廊下のない間取りのメリットやデメリットをご紹介します。
廊下のあり・なしによって、家族の生活スタイルにどのような影響があるのか、ぜひ考えてみてください。

廊下のない間取りのメリットとは

部屋や収納スペースを有効活用できる

廊下のない間取りリビング

廊下分のスペースを削ることで、居住空間に使える面積が増えます。それにより家の中を最大限活用できることが一番のメリットといえるでしょう。
リビングを広くしたり、収納スペースを増やしたりすることで、より快適な生活を実現できます。
また、廊下分の建築費が削減され、ほかの場所に活用することができることもメリットの一つではないでしょうか。

生活動線が短くなる

家事ラク

部屋へ移動するための廊下がないので、生活動線が短くなります。
移動距離が短くなるため、その分家事などの効率が上がります。
廊下としての役割はLDKが担うことが多いのですが、家族が快適に過ごせるような動線設計を考えるようにしましょう。

家族とのコミュニケーションが増える

家族団らん

廊下のない家ではリビングに階段を設けることが多いので、家族と顔を合わせる機会が増えます。
階段のない平屋住宅の場合でも、部屋を移動する際にLDKを通ることが多くなるため、家族の気配を近くに感じられることでコミュニケーションがより増えるでしょう。

おすすめ関連記事

 . $thumbnail_alt1 .

リビング階段の特色、デメリットや工夫例をお伝えします!

このコラムでは、おしゃれで効果的な演出をもたらす「リビング階段」についての要点をお伝えします。 デメリットも工夫によっては、十分緩和させることができる等、家選びや間取り検討の際のヒントになるようまと…
 . $thumbnail_alt1 .

家事動線は「いい間取り」から。家事ラクポイント解説!

家づくりにおいて多くの方がこだわるのが「間取り」ですよね。私自身、住宅について調べていくうちに「住宅の間取り」の大切さをひしひしと感じています。そんな今回は間取りといえばついて回るかのようによく聞くと…

廊下のない間取りのデメリットとは

生活音がもれる、ニオイがひろがる

広島焼

廊下がないことで、LDKなどの近くにトイレやバスルームが配置されることになります。
トイレの音やニオイはもちろんのこと、子ども部屋の声や音、キッチンからの料理のニオイなど、各部屋にもれたり広まったりする可能性があります。

プライバシーを確保しづらい

腹痛

リビングを中心に各部屋がつながることが多いためどの部屋も見えやすく、来客がある場合は要注意です。
リビングに来客がいると、バスルームから出づらくなったり、トイレに入るにも気をつかったり、寝室で休んでいるのが見えてしまったり。
プライバシーを確保するための工夫が必要となります。

動線が交差するので落ち着かない

来客

どの部屋に移動するにもリビングを通ることが多いため、動線が交差し落ち着きません。
昼寝をしていたり、テレビを見てくつろいでいる家族や、来客との会話の邪魔をしてしまわないような動線を考える必要があります。

まとめ

廊下のない間取りは、冷暖房の効率にも関わってきます。空間が区切られていないことで、冷暖房が効きにくくなる可能性がありますが、窓やサッシの断熱性・気密性を高めるなど、デメリットは間取りを工夫する、設備を導入するといったことで、解決できることもあります。

廊下を「あり・なし」とだけで考えるのではなく、廊下を「減らす」など、家族構成やそれぞれの生活スタイルを考慮しながら、限られたスペースを有効活用できる家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

 . $thumbnail_alt1 .

快適な住空間で暮らすには?住宅の気密についてやさしく解説

住宅の購入を検討している皆様も高気密・高断熱という言葉を目にする事が増えてきているかと思います。 住宅業界では住宅性能を高めるうえで高気密・高断熱を取り入れる流れになってきているのではないのでしょう…

いえすたいる編集部

もうりす

食べること、歌うことが大好きウーマンです。 美味しいものを求めて、お休みの日はいろいろなところへ出かけています。 皆様の家づくりの参考になるような情報を発信していけたらと思っています。

関連の家づくり・暮らしコラム

茨城県で注文住宅を建てたい方へ