茨城で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2022.06.21

【新築】茨城県水戸市周辺で家を建てるのがオススメ! その理由を5つ解説します!

タイトル画像のイメージ
ZEHお金・住宅ローンランニングコスト土地探し・土地選び平屋の家木造構造楽しい暮らし災害に対する防災省エネルギー住宅育児・子育て間取り高気密・高断熱

茨城県水戸市および周辺市町村で家を建てるメリットをご存知ですか?
東京圏にはない魅力である、土地取得費用の低さやゆとりのある暮らし等、5つにまとめて紹介してまいりますので、参考にして頂けたら幸いです。

水戸市周辺で家を建てるのがオススメな理由 ~5選~

~その1~  大都市部に比べて土地取得費用が安く、住宅や他のものにお金をかけられる

茨城県と全国の建設費などの比較表のイメージ

(引用:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査 2020年集計表より https://www.jhf.go.jp/about/research/2020.html)

土地取得費用について、住宅ローンのフラット35利用者のデータをもとにご紹介します。
左の表でもおわかりのように、茨城県平均の土地取得費は、全国平均に比べて600万円近く低くなっているようです。更に、敷地面積については、全国平均に比べて90㎡ほど大きく、平均として、長野県の次に広い敷地を取得していることがわかります。
面積あたりの土地取得費用が非常に安く、広い敷地を手に入れることや、土地代をおさえて、住宅や他のものにお金をかけやすいといえるでしょう。(建設費が全国平均を上回っていることも特徴の1つです)

水戸市や他市町村の地価平均表のイメージ

(引用:土地代データ 茨城県  https://tochidai.info/ibaraki/ )

次に、茨城県内での水戸市および隣接市町村の地価平均をご紹介します。

※茨城県の公示地価平均は47都道府県中43位と、非常に安くなっております。

つくばエクスプレス開業により、東京へのアクセスが向上された守谷市やつくば市が上位となり、水戸市は3番目となりました。
ひたちなか市や茨城町といった隣接市町村は、水戸市に比べて地価が更に安くはなっていますが、場所によっては、買い物等、水戸市とそん色のない便利さもありますので、おすすめでしょう。

土地取得費用分を何に使うか?

吹付断熱材のイメージ

土地取得費用を安く抑えられた分、住宅や外構、その他様々なものに浮いたお金を使うことができます。

なかなか意識しづらいことですが、住宅の高断熱性や気密といった『性能』も、快適かつ光熱費をおさえて暮らしていくには不可欠なものです。

脱炭素社会へ向けて国の政策も動いていますので、様々な情報を吸収しながら、有意義なお金の使い方ができると良いと思います。

国策ということもあり、住宅の省エネ化にはいくつかの補助金も毎年出ています。

下記コラムをよかったら参考になさってください。

 . $thumbnail_alt1 .

【住宅/補助金】令和4年度地域型住宅グリーン化事業 Vol.1 最大補助金190万円に!

令和4年1月。国土交通省の令和4年度予算が公表されました。住宅・建築物カーボンニュートラル総合推進事業の一つとして、「令和4年度地域型住宅グリーン化事業」も予算概要に盛り込まれました。本コラムでは、当…
 . $thumbnail_alt1 .

【R4年補助金/最大100万円】 こどもみらい住宅支援事業 Vol.1 ~3つのポイント~ 

R3年11月26日に閣議決定され、年明けスタート予定の『こどもみらい住宅支援事業』について、最新情報と要点をまとめていきます。 この補助金にかかわる『ZEH』や『長期優良住宅』など、省エネ水準や認定…

~その2~  平地が多く、のびのびと暮らすことができる

茨城の平地のイメージ

茨城県は、県北の山間部や筑波山といった山々を除くとほとんどが関東平野になっており、平たんなエリアが多いのが特徴です。
そういった特性もあり、茨城県のホームページ(https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/tokei/fukyu/tokei/furusato/omoshiro/022.html)によると、人が住める面積(可住地面積)については、全国4位、1住宅あたりの敷地面積は全国1位となっています。
東京周辺や他大都市に比べて、土地自体にもゆとりがあるため、暮らしにもストレスを感じにくいのではないかと思います。

右の写真は茨城県庁展望ロビーから南側を臨んだものですが、非常に平たんな為、晴れた日には100km以上先の東京スカイツリーや、富士山まで拝むことができます。

~その3~  街中でありながら、自然・公園が充実! 子育て世帯に◎

土地にゆとりがあって非常に暮らしやすい茨城県ですが、県庁所在地の水戸市にも自然が溢れ、日常的に街中と自然が味わえるエリアとなっています。

水戸徳川でおなじみの偕楽園の他、中心部の市民の憩いの場である千波湖(せんばこ)や、七ツ洞公園、笠原水道(湧き水)など、ほどよい街中で生活しながらも自然に触れあえることが大きな魅力でしょう。

水戸市は茨城県の真ん中(県央)に位置する為、他の街へのお出かけもしやすく、住宅を持つには非常に良い所かと思います。

水戸市の魅力を知りたい方はこちら

 . $thumbnail_alt1 .

【茨城県】偕楽園の梅と歴史が香る県庁所在地『水戸市』で暮らす魅力とは?

日本三大名園の1つである『偕楽園』や水戸納豆などでおなじみの、茨城県の県都として長らく発展してきた『水戸市』。コロナ禍で地方での暮らしに注目が浴びている昨今ですが、水戸市で暮らす魅力についてお伝えした…

~その4~  様々な、暮らしに便利なエリアが存在

水戸 主要エリアマップのイメージ

引用:『グーグルマップの印刷等で困った時のお助けサイト』Google Mapより主要情報を抜粋  http://yagijijii.com/tool/ggmptool.htm

水戸市内と一口にいっても広く、様々なエリアが存在します。

水戸駅周辺の街中エリアに住むか、郊外の閑静な住宅地に住むか等、選択肢が多いことも、水戸市で家を建てる際の魅力ではないでしょうか。

仕事場が水戸駅周辺か、郊外、あるいは県庁周辺かによって、住む場所も考えておく必要があります。

街中で暮らしたい方は、見和・見川エリア、赤塚エリアあたりがおすすめでしょう。

近年は、県庁周辺エリアの分譲が進み、人気が高まっているという情報も入ってきています。

 

※上のマップについては、あくまで編集部作成のものですので、工務店へおすすめの場所などを聞いてみることをおすすめします。

~その5~  イベントも多く、東京や他都市へアクセスも便利

よく『水戸は遊ぶ所がない』などと話す人がいますが、近隣市町村を含めると、年中を通して様々な楽しいイベントが開催されています。

水戸市内の千波湖周辺では野外で楽しめるイベントが頻繁に行われ、周辺には海水浴でおなじみの大洗、陶芸で有名な笠間まで車で数十分です。

都会で遊びたい、観光したいといった際は、東京まで特急や高速バスが出ており、1時間半ほどで行くことができます。市内から約40分ほどの茨城空港からは北海道や神戸、福岡へも飛行機が飛んでいる為、そちらも非常に便利でしょう。

水戸と東京を結ぶ電車のイメージ

品川まで直通になり、便利になった常磐線特急

茨城空港のイメージ

駐車場無料で、新千歳・神戸・福岡・那覇などのアクセスも容易となった茨城空港

客船 さんふらわあのイメージ

大洗からは、北海道へのゆったり船旅も(さんふらわあ)

高速道路 サービスエリアのイメージ

北関東道が全通し、栃木・群馬以遠への移動も便利に

まとめ

『茨城県水戸市および周辺に家を建てることがおすすめな理由』について、5つほど紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

東京や他の大都市のような刺激には乏しいのは事実ではありますが、土地取得費用の低さや暮らしやすさ、県都であることの便利さや魅力など、住むメリットが色々と存在していることがおわかりになったかと思います。

自然に囲まれたゆとりある暮らしをし、イベントや他県へのお出かけを楽しむといった健康的な生活ができるのではないでしょうか。

お読みくださいまして、ありがとうございました。

水戸市での新築可能な工務店はこちら

更に色々なことを知りたい、聞いてみたい方はこちら

いえすたいる編集部

のぶりん

茨城大好き、鉄道旅行大好きの「のぶりん」です。 普段は、住宅の設計や省エネに関する業務に携わっています。 素敵な「いえすたいる」に出会って頂けるよう、お気持ち込めて、役立つコラムを書いてまいります!

関連の家づくり・暮らしコラム

茨城県で注文住宅を建てたい方へ