茨城で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2022.04.28

令和4年10月より認定水準引き上げ?~長期優良住宅・認定低炭素住宅・ZEHはどれを選択すべき?~

ZEHお金・住宅ローンランニングコスト地震に強い家太陽光発電家づくりの豆知識家のメンテナンス家の構造について木造構造楽しい暮らし災害に対する防災省エネルギー住宅自然素材長期優良住宅間取り高気密・高断熱

2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向け、令和4年10月1日より『長期優良住宅』『認定低炭素住宅』などの認定住宅の認定基準引き上げが予定されているのをご存じでしょうか。実際に施行されれば、10月以降認定住宅を建てる場合は基準値が変わります。そこで今回のコラムでは、至る2050年、カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現に向け、『ZEH(ゼッチ)』を含めてどの住宅を選択するのが良いのか。認定住宅の水準がどのくらい引き上げられるのか。まとめてみました。

現在の基準値はどのくらい?施行が予想される10月以降はどうなる?

UA値とは・・・外皮平均熱貫流率と呼ばれ、住宅の「床、外壁、屋根(天井)やドア・窓など(総じて外皮)」から逃げる熱量(熱還流率:U値)を、外皮の面積で割った値(Average)です。 値が小さいほど「熱を伝えにくい」ということなので、省エネルギー性能が「高い」ことがわかります。主に『断熱材』『サッシ』『ドア』の性能で評価されます。

 

長期優良住宅・認定低炭素住宅の現在の基準から「0.60以下」にするということは、その分「断熱材の種類や厚み」「サッシの性能」「ドアの性能」等をあげる必要があります。ただ、現在の等級4は現在先進国の中でも最低ランクです。より快適な生活を送るためには、等級ギリギリではなく、それ以上の性能に投資することもご検討してみてはいかがでしょうか。外皮性能値が出たら、次は『一次エネルギー消費量計算』にすすみます。

※『水戸市』は5地域に該当します

一次エネルギ消費量は「地域」や「住宅の間取り」で基準値が変動

まず『一次エネルギー消費量』は、『基準一次エネルギー消費量』と『設計一次エネルギー消費量』を比較することで求めることができます。計算に必要なのは「冷暖房設備」「換気設備」「給湯設備」「照明設備」です。

家電製品はそれぞれの家庭で使うメーカーや性能が違うので計算には該当しません。

「基準一次エネルギー消費量」は建設地や床面積、外皮性能値(UA値)、上で挙げた一般的な住宅設備をもとにして数値が計算されます。ここでひとつ、建設地や床面積、外皮性能値(UA値)によって、住宅ごとに「基準一次エネルギー消費量」は変動するという点には注意です。次に、「設計一次エネルギー消費量」です。こちらは外皮性能値(UA値)+「冷暖房設備」「換気設備」「給湯設備」「照明設備」各設備のカタログ性能値で計算されます。そして最終的に、「基準≧設計」の構図をつくり、その削減率を計算します。現行基準では「基準≧設計」が10%以上であればクリアとなりますが、ZEH水準に引き上がると最低でも20%以上の削減が必須となります。

『断熱』『一次エネルギー』に関するコラムも併せてご覧ください!

 . $thumbnail_alt1 .

『断熱』『一次エネルギー』 ~住宅の省エネ基準についてわかりやすく解説します~

2021年4月より施行された改正建築物省エネ法。300㎡未満の住宅に関しては、建築士による省エネ適合についての説明が必要となりました。 また、5年後、10年後スパンで『全ての住宅を省エネ適合させる』…

『長期優良住宅』『認定低炭素住宅』『ZEH』3住宅の水準は同じに

認定住宅の水準引き上げが施行されれば、3住宅とも同水準となります。3住宅ともに補助金や減税措置優遇がありますが、それぞれの住宅は認定の基準が違います。

①長期優良住宅

基準1:住宅の構造及び設備について長期にわたり良好な状態で使用可能な措置が講じられていること。

基準2:住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

基準3:地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。

基準4:維持保全計画が適切なものであること。

これに加えて、細かな9つの技術的基準があります。詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

 . $thumbnail_alt1 .

認定実績が累計120万戸突破!ますます注目される『長期優良住宅』とは

皆さんは「長期優良住宅」聞いたことがあるでしょうか? 近年頻発されている自然災害リスクを避けようと、「長期優良住宅の認定取得」が今注目されています。 まずはこの記事を読んで「長期優良住宅とは何?」…
 . $thumbnail_alt1 .

認定実績が累計120万戸突破!ますます注目される『長期優良住宅』のメリット・デメリット

「長期優良住宅」がどんな家か。「長期優良住宅」と認められるにはどうすればよいのか。少しずつ疑問は解決しているでしょうか?今回の記事では「一般住宅」ではなく「長期優良住宅」に認定することでのメリット・デ…

②認定低炭素住宅

実際に設けられている基準に定量的評価項目」と「選択的項目があります。

「定量的評価項目」は必須であり、「選択的項目」は8種のうち2種以上を講じる必要があります。

長期と同じく「認定住宅」ですが、こちらは「市街化区域内のみ建築可能」という制限があります。

 . $thumbnail_alt1 .

「脱炭素社会」で推進される「認定低炭素住宅」とは?

2020年以降、一度は聞いたことのある「カーボンニュートラル」「脱炭素社会」。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を「実質ゼロ」にする施策です。2020年10月に当時の菅義偉首相が「日本では20…

③ZEH:ゼッチ(ゼロ・エネルギー・ハウス)

上記2つの住宅と比較した際、設備で大きく変わる点は『太陽光発電設備』の搭載が義務です。

基準1:UA値0.4~0.6以下をクリアする(※水戸市は0.6以下)
基準2:基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量の削減
基準3:再生可能エネルギー(太陽光発電設備)の導入
基準4:太陽光発電量と差し引きし、基準一次エネルギー消費量から100%の一次エネルギー消費量を削減

 . $thumbnail_alt1 .

光熱費0を目指すZEH(ゼッチ)にするには?Vol.1~メリット・デメリットをわかりやすく解説~

皆さんも『ZEH(ゼッチ)』という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。災害の多い日本の今日、再生可能エネルギーによる発電がますます注目され、ZEHという新たな省エネ住宅の注目が加速中!そんな『ZEH…
 . $thumbnail_alt1 .

光熱費0になるZEH(ゼッチ)にするには?Vol.2 補助金の種類やもらい方

快適で光熱費がゼロになる魅力的なZEH(ゼッチ)住宅。この記事では、更に暮らしが楽しくなる2つのZEH補助金の概要やもらい方、最低限必要な条件等をお伝えします。
 . $thumbnail_alt1 .

住宅に太陽光発電を導入しようvol.1~設置編~

今や一般家庭にも普及している太陽光発電システム。ゼロエネルギー住宅などで注目度も上がり、ひと昔前と比べると太陽光パネルが搭載された住宅が増えてきています。実は、現在の日本は世界で「5番目に多くの量の温…

認定住宅のZEH水準への引き上げに伴い、『住宅の補助金施策』も変動

令和4年度の『地域型住宅グリーン化事業』という補助金では、『長期優良住宅』『認定低炭素住宅』の2つの認定住宅において、現行水準までをクリアした物件と、ZEH水準をクリアした物件で最大の補助金額に違いがあります。

地域型住宅グリーン化事業については以下のコラムをご覧ください。

 . $thumbnail_alt1 .

【住宅/補助金】令和4年度地域型住宅グリーン化事業は最大補助金190万円に!

令和4年1月。国土交通省の令和4年度予算が公表されました。住宅・建築物カーボンニュートラル総合推進事業の一つとして、「令和4年度地域型住宅グリーン化事業」も予算概要に盛り込まれました。本コラムでは、当…

まとめ

水準引き上げが予想される『長期優良住宅』『認定低炭素住宅』や『ZEH(ゼッチ)』は、いずれも国の進めるカーボンニュートラル・脱炭素社会に向けては重要な要素です。では実際に家を建てるとき『どれが一番いい選択なのか』を考えると、実際はお住まいになる地域だけでも大きく影響があります。太陽光発電を載せても、カタログ値に対してそもそも年間の日射量の少ない地域では、なかなか発電量を見込めないケースも考えられます。地域に根付いた工務店様ならではの寄り添ったアドバイスがあれば「エリアにあった一番の選択」も可能だと思います。いえすたいるの工務店様の相談会や見学会などを通して、是非ご検討してみてください!

さらに上の『高性能住宅』についてのコラムも是非!

 . $thumbnail_alt1 .

高断熱住宅の『Heat20』『LCCM住宅』『ZEH』とは? わかりやすくお伝えします!

菅政権時に『2050年のカーボンニュートラル(脱炭素化)実現』が宣言され、住宅も例外なく省エネ性能を上げていくことが求められています。 今後、更にZEHなどの省エネ性能の高い住宅が普及していくことが…

いえすたいる編集部

KAKUTO

サッカー大好きマンです!27歳です! これから家を建てる皆様へ、少しでもお役に立てる情報発信を 私自身も日々勉強しながら頑張って更新していきます!

関連の家づくり・暮らしコラム

茨城県で注文住宅を建てたい方へ